冷え性に効果的な漢方薬:体質別に解説


冷え性改善対策研究所
本文へジャンプ

冷え性改善対策研究所のトップページへ

冷え性の原因

「冷え性とは何か?」
「冷え性の原因は?」
「冷え性の症状」
「冷え性の種類」
「女性になぜ多いのか?」




冷え性の改善・対策

◎食事

○効果的な食べ物

「陽性の食べ物」
「ネギのみそ汁」
「各種ビタミンサプリ」
「香辛料」
「熱い烏龍茶」


○身体を冷やす食べ物

「陰性の食べ物」
「甘いもの」
「季節外れの野菜や食べ物」


○効果のある食べ方

「食べ合わせ」
「レシピ」



◎衣服&履物
 
「ショーツ
「5本指ソックス」
「腹巻き」
「レッグウォーマー」
「マフラー」
「サマーブーツ」



◎入浴

○入浴剤効果

「漢方薬湯」
「塩風呂」
「ドクダミ湯」



○入浴方法

「足の裏」
「足湯」


○入浴後の過ごし方

「野球ボール療法」
「塩ぬり療法」




◎運動

○ウォーキング

「冷え性によい理由」
「適したコース」
「歩き方」
「服装」
「グッズ」
「靴の選び方」
「3大タブー」
「ウォームアップとクールダウン」



○運動&体操

「背伸び運動」
「アキレス腱伸ばし」



○マッサージ

「焼き塩マッサージ」



◎ツボ

「足のつけ根」
「健康ハンマー」
「掃除機吸い玉療法」
「青竹踏み」
「使い捨てカイロ療法」



◎漢方薬

「体質別の漢方薬」
「海馬補腎丸(かいばほじんがん)」
「瓊玉膏(けいぎょくこう)」
「四物湯(しもつとう)」



◎アロマテラピー

「アロマテラピーとは?」
「ハーブとアロマの関係」
「アロマの取り扱い方法」
「アロマの保存方法」
「使ってはいけないアロマ」
「おすすめのアロマ」




◎その他

「扇風機」
「足裏日光浴」



>冷え性に効果的な漢方薬:体質別に解説


当帰芍薬散・五積散・真武湯・四逆湯について


こちらのページでは

「冷え性の改善に効果的な漢方薬」

について説明しています。

夏場のクーラーが原因の冷えに体質別の漢方薬


 

 暑い夏、冷房の効いた部屋で身体が冷える。そのため、冷房の温度を上げようとすると、周りの者から「蒸し暑くなる」と文句がくる。そんなときにおすすめしたいのが漢方薬です。ここでは体質別に効果的なものをご紹介します。


 

 まず下の文を読み、自分がAタイプなのかBタイプなのかを見極めてください。


 
 

Aタイプ

 

 ・もともと体質的に冷え性である。

 ・色白で顔色が悪く、貧血気味。

 ・肩こり、頭痛などがよく起こり、鎮痛剤を飲みがち。

 ・むくみが起きやすく、夕方になると足がはれぼったくなる。

 ・生理不順や生理痛がある。

 

 

Bタイプ


 

 ・顔色は悪く、もともと冷え性ではないが、冷えると腹や背中が痛くなる。

 ・坐骨神経痛を起こすこともある。

 ・胃腸が弱い。

 ・オフィスなど、冷房の中にいる時間が長い。

 

 

 A,B、両方の症状があるような気がする人は、どちらの症状がより強くあらわれているかで判断をしてください。

 


 

「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」

 

 あなたがAタイプならば「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」が適しています。

 「当帰芍薬散」はその名が示すように本来は散薬で、酒で服用します。

 しかし、いまは錠剤が市販されていますので、それを服用してください。

 5〜6粒を1日3回、食前もしくは食間に飲んでください。目安は2週間ほどです。


 

 

「五積散(ごしゃくさん)」


 

 Bタイプの人に合う漢方薬は「五積散(ごしゃくさん)」です。

 こちらも元来は散薬ですが、今は錠剤があります。


 1回5〜6錠、食事もしくは食間に服用してください。この薬は冷房がきつい職場にいる場合や、プールや海に行くときなどには離さないようにしてください。「五積散」の効果は3週間ほど経たないとあらわれません。これは、「五積散」には18種類の生薬が配合されているため、一つ一つの量が少なくて、効き目がゆるやかになっているためです。


 

 「当帰芍薬散」と「五積散」はいわば予防薬・治療薬・体質改善薬ですが、即効を求めるときは「真武湯(しんぶとう)」がおすすめです。


 

 

「真武湯(しんぶとう)」


 

 「真武湯(しんぶとう)」は「茯苓(ぶくりょう)」「芍薬(しゃくやく)」「生姜(しょうきょう)」「朮(じゅつ)」「附子(ぶし)」の5つの生薬を煎じて服用する薬ですが、今では錠剤がありますので、それを必要に応じて飲んでください。

 1回5〜8錠が目安になります。効果は10分ほどであらわれ、数時間は身体があたたまってポカポカしています。


 

 

「四逆湯(しぎゃくとう)」


 

 即効性をさらに強めたい場合には「四逆湯(しぎゃくとう)」を服用してください。

 夏、クーラーをかけっぱなしにして寝た翌日など、身体が冷え切って動けないときなどに用います。

 「四逆湯」は「甘草(かんぞう)」「乾姜(かんきょう)」「附子」から構成されており、「乾姜」と「附子」に身体をあたためる強い作用があります。


 

 ただし、この漢方薬は錠剤の形では市販されていないので、生薬を煎じるか、もしくは単味のエキス剤を配合して作るしかありませんので、服用したいときは、漢方薬局で薬剤師に相談してみてください。





中国の名薬:海馬補腎丸(かいばほじんがん)を解説
韓国生まれの漢方薬:瓊玉膏(けいぎょくこう)を解説
冷え性に効果的な漢方薬:四物湯を解説


冷え性改善対策研究所 | 冷え性改善に役立つ62の対策方法

冷え性改善対策研究所のトップページへ

リンク集

冷え性wiki


 Copyright©2006 冷え性改善対策研究所 All Rights Reserved.