冷え性改善に効果的:アロマの使い方を解説


冷え性改善対策研究所
本文へジャンプ

冷え性改善対策研究所のトップページへ

冷え性の原因

「冷え性とは何か?」
「冷え性の原因は?」
「冷え性の症状」
「冷え性の種類」
「女性になぜ多いのか?」




冷え性の改善・対策

◎食事

○効果的な食べ物

「陽性の食べ物」
「ネギのみそ汁」
「各種ビタミンサプリ」
「香辛料」
「熱い烏龍茶」


○身体を冷やす食べ物

「陰性の食べ物」
「甘いもの」
「季節外れの野菜や食べ物」


○効果のある食べ方

「食べ合わせ」
「レシピ」



◎衣服&履物
 
「ショーツ
「5本指ソックス」
「腹巻き」
「レッグウォーマー」
「マフラー」
「サマーブーツ」



◎入浴

○入浴剤効果

「漢方薬湯」
「塩風呂」
「ドクダミ湯」



○入浴方法

「足の裏」
「足湯」


○入浴後の過ごし方

「野球ボール療法」
「塩ぬり療法」




◎運動

○ウォーキング

「冷え性によい理由」
「適したコース」
「歩き方」
「服装」
「グッズ」
「靴の選び方」
「3大タブー」
「ウォームアップとクールダウン」



○運動&体操

「背伸び運動」
「アキレス腱伸ばし」



○マッサージ

「焼き塩マッサージ」



◎ツボ

「足のつけ根」
「健康ハンマー」
「掃除機吸い玉療法」
「青竹踏み」
「使い捨てカイロ療法」



◎漢方薬

「体質別の漢方薬」
「海馬補腎丸(かいばほじんがん)」
「瓊玉膏(けいぎょくこう)」
「四物湯(しもつとう)」



◎アロマテラピー

「アロマテラピーとは?」
「ハーブとアロマの関係」
「アロマの取り扱い方法」
「アロマの保存方法」
「使ってはいけないアロマ」
「おすすめのアロマ」




◎その他

「扇風機」
「足裏日光浴」



>冷え性改善に効果的:アロマの使い方を解説


アロマの取り扱い方法について


こちらのページでは

「冷え性の改善に効果的なアロマテラピー」

について説明しています。

精油(アロマ)の取り扱い方


             

 精油は濃縮された純度の高いものです。天然のオイルではありますが、直接肌につけたり、口に入れたりすることは避けてください。目元や口元などのデリケートな部分には、希釈した精油であっても、使用するのは控えてください。


 

 正しく計量する場合は、ガラス製で精油の成分で溶解しないシリコン樹脂のスポイトを用意します。使用後は無水エタノールできれいに洗浄してください。


 

 また、次のことにも注意してください。



◆3歳以下の乳幼児への使用は避けてください。12歳以下の子供の場合は、大人の半量で試してから使います。


 

◆誤飲、誤用を防止するために、子供の手の届かない所に保管してください。


 

◆敏感肌、アレルギー体質の方は、事前にパッチテストで試してから使用してください。

 

◆「ベルガモット」「レモン」「スイートオレンジ」「グレープフルーツ」などの柑橘系の精油には光感作用があります。使用した直後に紫外線に当てると、赤く腫れたり、しみになったりすることがあります。日中や外出前に使用することは避けてください。


 

◆お年寄りや妊婦、肌がデリケートになっている状態のときには、使用する精油や使用方法に十分注意してください。種類によっては妊娠中にダメージを与えるものがあります。





関連ページ

冷え性改善に効果的:アロマを解説
冷え性改善に効果的:ハーブとアロマを解説
冷え性改善に効果的:アロマの保存方法を解説
冷え性のアロマ:使用厳禁な精油を解説
冷え性におすすめなアロマを解説


冷え性改善対策研究所 | 冷え性改善に役立つ62の対策方法

冷え性改善対策研究所のトップページへ

リンク集

冷え性wiki



 Copyright©2006 冷え性改善対策研究所 All Rights Reserved.