身体が冷える食べ物:季節はずれを解説


冷え性改善対策研究所
本文へジャンプ

冷え性改善対策研究所のトップページへ

冷え性の原因

「冷え性とは何か?」
「冷え性の原因は?」
「冷え性の症状」
「冷え性の種類」
「女性になぜ多いのか?」




冷え性の改善・対策

◎食事

○効果的な食べ物

「陽性の食べ物」
「ネギのみそ汁」
「各種ビタミンサプリ」
「香辛料」
「熱い烏龍茶」


○身体を冷やす食べ物

「陰性の食べ物」
「甘いもの」
「季節外れの野菜や食べ物」


○効果のある食べ方

「食べ合わせ」
「レシピ」



◎衣服&履物
 
「ショーツ
「5本指ソックス」
「腹巻き」
「レッグウォーマー」
「マフラー」
「サマーブーツ」



◎入浴

○入浴剤効果

「漢方薬湯」
「塩風呂」
「ドクダミ湯」



○入浴方法

「足の裏」
「足湯」


○入浴後の過ごし方

「野球ボール療法」
「塩ぬり療法」




◎運動

○ウォーキング

「冷え性によい理由」
「適したコース」
「歩き方」
「服装」
「グッズ」
「靴の選び方」
「3大タブー」
「ウォームアップとクールダウン」



○運動&体操

「背伸び運動」
「アキレス腱伸ばし」



○マッサージ

「焼き塩マッサージ」



◎ツボ

「足のつけ根」
「健康ハンマー」
「掃除機吸い玉療法」
「青竹踏み」
「使い捨てカイロ療法」



◎漢方薬

「体質別の漢方薬」
「海馬補腎丸(かいばほじんがん)」
「瓊玉膏(けいぎょくこう)」
「四物湯(しもつとう)」



◎アロマテラピー

「アロマテラピーとは?」
「ハーブとアロマの関係」
「アロマの取り扱い方法」
「アロマの保存方法」
「使ってはいけないアロマ」
「おすすめのアロマ」




◎その他

「扇風機」
「足裏日光浴」



>身体が冷える食べ物:季節はずれを解説


季節はずれの野菜や果物について


こちらのページでは

「冷え性にNGな身体を冷やす食べ物」

について説明しています。


季節外れの野菜や果物


 

 暑い季節や暑い地域には「陰性」の食べ物(きゅうり・トマト・ナス・小麦など)ができ、寒い季節や寒い地域には「陽性」の食べ物(人参・山芋・蕎麦など)ができます。



 季節のものやその土地の野菜や果物が身体を冷やしてくれるから、暑い夏や一年中暑い国でも体内に熱がこもらず元気に生きていけるのです。反対に秋・冬や、寒い国でできる野菜は、身体を温めてくれます。



 

 たとえば、スイカやトマト、きゅうりなどを食べるとよく尿が出ます。よく尿が出るということは、体内の温かい水分がよく排泄されるということですから、身体が涼しくなるわけです。ですから、体内に熱がこもりやすい夏にトマトやきゅうりを食べるのは理にかなったことなのです。


 

 しかし、「冷え性」は一年中身体が冷えているわけです。そのため、「冷え性」の方は夏でも生野菜・果物は極力少なめにしたほうが無難です。冷房がキツイ職場で働いている方は特に気をつけてください。



 ですので、野菜は生ではなく、極力、「蒸す」か「茹でて」から食べるようにしてください。「生野菜」よりも「茹でた野菜」のほうが量もたくさん食べられるし、ビタミンの供給源としても生野菜よりもはるかに効率がいいのでおすすめです。


 

 

 果物は冷えるだけでなく、食べ過ぎると体内のカルシウムが奪われるので、骨が細くなったり歯が悪くなったりします。また糖分と水分が多いので「内臓は下垂」するし、「喘息」「花粉症」「アトピー性皮膚炎」などのアレルギー疾患にかかりやすくなります。



 それでも、ぶどうは身体の毒を出してくれる果物ですし、利尿作用の強いスイカは腎臓の薬になったりしますので、全部の果物が身体に害になるわけではありません。


 しかし、どの果物も食べ過ぎは絶対によくありません。季節の味覚を楽しむ程度に食べるようにしてください。





関連ページ

冷え性改善に効果的:陽性の食べ物を解説
体を温める食べ物:ネギのみそ汁を解説
冷え性改善に効果的:サプリを解説
冷え性改善の食べ物:香辛料を解説
冷え性改善に効果的:飲み物を解説
身体を冷やす:陰性の食べ物を解説
身体を冷やす食べ物:甘いものを解説
冷え性改善に効果的:食事を解説
冷え性改善に効果的:レシピを解説


冷え性改善対策研究所 | 冷え性改善に役立つ62の対策方法

冷え性改善対策研究所のトップページへ

リンク集

冷え性wiki


 Copyright©2006 冷え性改善対策研究所 All Rights Reserved.