冷え性に効果的な入浴の仕方を解説


冷え性改善対策研究所
本文へジャンプ

冷え性改善対策研究所のトップページへ

冷え性の原因

「冷え性とは何か?」
「冷え性の原因は?」
「冷え性の症状」
「冷え性の種類」
「女性になぜ多いのか?」




冷え性の改善・対策

◎食事

○効果的な食べ物

「陽性の食べ物」
「ネギのみそ汁」
「各種ビタミンサプリ」
「香辛料」
「熱い烏龍茶」


○身体を冷やす食べ物

「陰性の食べ物」
「甘いもの」
「季節外れの野菜や食べ物」


○効果のある食べ方

「食べ合わせ」
「レシピ」



◎衣服&履物
 
「ショーツ
「5本指ソックス」
「腹巻き」
「レッグウォーマー」
「マフラー」
「サマーブーツ」



◎入浴

○入浴剤効果

「漢方薬湯」
「塩風呂」
「ドクダミ湯」



○入浴方法

「足の裏」
「足湯」


○入浴後の過ごし方

「野球ボール療法」
「塩ぬり療法」




◎運動

○ウォーキング

「冷え性によい理由」
「適したコース」
「歩き方」
「服装」
「グッズ」
「靴の選び方」
「3大タブー」
「ウォームアップとクールダウン」



○運動&体操

「背伸び運動」
「アキレス腱伸ばし」



○マッサージ

「焼き塩マッサージ」



◎ツボ

「足のつけ根」
「健康ハンマー」
「掃除機吸い玉療法」
「青竹踏み」
「使い捨てカイロ療法」



◎漢方薬

「体質別の漢方薬」
「海馬補腎丸(かいばほじんがん)」
「瓊玉膏(けいぎょくこう)」
「四物湯(しもつとう)」



◎アロマテラピー

「アロマテラピーとは?」
「ハーブとアロマの関係」
「アロマの取り扱い方法」
「アロマの保存方法」
「使ってはいけないアロマ」
「おすすめのアロマ」




◎その他

「扇風機」
「足裏日光浴」



>冷え性に効果的な入浴の仕方を解説


冷え性に効果的な入浴の仕方について


こちらのページでは

「冷え性の改善に効果的な入浴方法」

について説明しています。

足腰の冷えにあら塩を入れた「足湯」


 

冷え性の女性は、たいていおへその下が冷たく、生理痛の悩みがあるものです。


 また、足が冷たくて夜、なかなか眠れないという声もよく聞きます。いずれの場合も血液の循環が悪いことが原因となっているので、何よりもまず血行をよくすることが重要です。それには、足を温め、足の先から血液循環を促してくれる「足湯」が非常に効果的です。


 

 

冷え性の改善に効果のある入浴・足湯のやり方

 

 バケツを用意して、38〜40度のぬるめのお湯を入れます。


 お湯の量は、足をつけたときに足首の上あたりになる程度です。


 そこにコップ半分のあら塩を加えてよくかき混ぜます。あら塩にはミネラルが多く含まれており、このミネラルが身体の中の老廃物をお湯の中に引っ張り出してくれるのです。

 

 準備ができたらイスに腰掛けて足をつけますが、このとき、いきなり塩湯に足をザブンと入れるのではなく、両足の指の先から静かにおろしていき、足首の上2cmのところまで湯につけます。


 5分たったら、膝がしらの下にある「足の三里」のツボの高さまでくるように、やはり38〜40度のぬるめのお湯を足します。


 

 足をつけている時間は、合計で10分間ぐらいから始めてください。足をつけて5分経過するころには、全身がポカポカとあたたまり、汗が出て、気持ち良くなります。


 日頃から心臓が弱い方は、5分とたたないうちにドキドキしてきます。そんなときはお湯にあら塩をとかし、体温近くになるまで冷ましてから、足先からそっとお湯につけ、10分ほどして身体が慣れてから膝下までお湯を足すようにしてください。


 

 足湯で気持ち良くなったら、水分が残らないように乾いたタオルで足をふき、もう一度、今度はぬるま湯につけて足の塩気を落としてから、再度タオルで水分をふき取ります。


 

 最初の1週間は5分+5分で合計10分間、2週目は5分でお湯を足してから10分の合計15分間、3週目は様子を見ながら、合計で15〜20分間と徐々に時間を延長して下さい。

 以後は時間の許す範囲で長く足湯を続けると、全身が軽くなり、足が疲れにくく、体調もとてもよくなります。

 3週間続けると、効果を実感できるでしょう。





関連ページ

冷え性に効果的な漢方薬湯を解説
冷え性に効果的な入浴剤:塩風呂を解説
冷え性に効果的な入浴剤:ドクダミ湯を解説
冷え性に効果的なお風呂の入り方:足の裏を解説
冷え性に効果的なお風呂の入り方:野球ボール療法を解説
冷え性に効果的なお風呂の入り方:塩塗り療法を解説


冷え性改善対策研究所 | 冷え性改善に役立つ62の対策方法

冷え性改善対策研究所のトップページへ

リンク集

冷え性wiki



 Copyright©2006 冷え性改善対策研究所 All Rights Reserved.