冷え性改善のツボ:青竹踏みを解説


冷え性改善対策研究所
本文へジャンプ

冷え性改善対策研究所のトップページへ

冷え性の原因

「冷え性とは何か?」
「冷え性の原因は?」
「冷え性の症状」
「冷え性の種類」
「女性になぜ多いのか?」




冷え性の改善・対策

◎食事

○効果的な食べ物

「陽性の食べ物」
「ネギのみそ汁」
「各種ビタミンサプリ」
「香辛料」
「熱い烏龍茶」


○身体を冷やす食べ物

「陰性の食べ物」
「甘いもの」
「季節外れの野菜や食べ物」


○効果のある食べ方

「食べ合わせ」
「レシピ」



◎衣服&履物
 
「ショーツ
「5本指ソックス」
「腹巻き」
「レッグウォーマー」
「マフラー」
「サマーブーツ」



◎入浴

○入浴剤効果

「漢方薬湯」
「塩風呂」
「ドクダミ湯」



○入浴方法

「足の裏」
「足湯」


○入浴後の過ごし方

「野球ボール療法」
「塩ぬり療法」




◎運動

○ウォーキング

「冷え性によい理由」
「適したコース」
「歩き方」
「服装」
「グッズ」
「靴の選び方」
「3大タブー」
「ウォームアップとクールダウン」



○運動&体操

「背伸び運動」
「アキレス腱伸ばし」



○マッサージ

「焼き塩マッサージ」



◎ツボ

「足のつけ根」
「健康ハンマー」
「掃除機吸い玉療法」
「青竹踏み」
「使い捨てカイロ療法」



◎漢方薬

「体質別の漢方薬」
「海馬補腎丸(かいばほじんがん)」
「瓊玉膏(けいぎょくこう)」
「四物湯(しもつとう)」



◎アロマテラピー

「アロマテラピーとは?」
「ハーブとアロマの関係」
「アロマの取り扱い方法」
「アロマの保存方法」
「使ってはいけないアロマ」
「おすすめのアロマ」




◎その他

「扇風機」
「足裏日光浴」



>冷え性改善のツボ:青竹踏みを解説


青竹踏みについて


こちらのページでは

「冷え性の改善に効果的なツボ」

について説明しています。


「青竹」を使った冷え性体質の改善


 

   東洋医学では、手足の冷えは「腎」の働きが弱まっているために起こると考えます。 

 東洋医学でいう「腎」は西洋医学でいうホルモン系や生殖器系などの働きのほか、体内の水分調節もつかさどっています。

 したがって、「腎」に異常があると、身体の水はけが悪くなって余分な水分が体内にたまり、身体が冷えてくるのです。


 
 こうした異常を治すには「腎系」という経絡(生命エネルギーの通り道)の出発点である、足の裏の「湧泉(ゆうせん)」というツボを刺激してやるのが効果的です。

 「湧泉」を刺激するにはいろいろな方法がありますが、ここでは「青竹」を使用した方法を紹介します。


 

 

「青竹」を1本使ったやり方


 

 青竹に「湧泉」が重点的に当たるように、両足を縦に並べてのせ、何かにつかまりながら足踏みをします。ちょうど波乗りをするような格好でバランスをとりながら踏むのがポイントです。


 

 

「青竹」を2本使ったやり方


 

 まず、青竹を横に使い、足の裏にある「湧泉」のツボを刺激します。ここに青竹の頂点があたるようにしっかり踏み続けます。



 
次に、2本の青竹を縦に並べて、その上にのり、一方の端で足の親指の付け根を、もう一方の端でかかとの部分を刺激するように踏みます。これらの部分はどちらも冷え性の改善に大変効果があるといわれているゾーンとして知られているので、「湧泉」だけの刺激にくらべて効果が倍増することが期待できます。


 

 最後に、腎系と表裏一体の関係にあり、身体をあたためる働きがある「膀胱系」のツボ刺激を行なってください。



 
足の小指の爪の外側の生え際にある「至陰(しいん)」と、内側の生え際にある「内至陰(ないしいん)」という2つのツボです。



 
「青竹踏み」を終えたあと、手の指の爪の先で足の小指をはさむようにして、「至陰(しいん)」という「内至陰(ないしいん)」2つのツボを3〜4分もんでください。


 

 なお、「青竹踏み」はお風呂上りにやると、より効果的です。




関連ページ

冷え性改善のツボ:足の付け根を解説
冷え性改善のツボ:健康ハンマーを解説
冷え性改善のツボ:掃除機吸い玉療法を解説
冷え性改善のツボ:使い捨てカイロ療法を解説


冷え性改善対策研究所 | 冷え性改善に役立つ62の対策方法

冷え性改善対策研究所のトップページへ

リンク集

冷え性wiki


 Copyright©2006 冷え性改善対策研究所 All Rights Reserved.