身体を冷やす食べ物:甘いものを解説


冷え性改善対策研究所
本文へジャンプ

冷え性改善対策研究所のトップページへ

冷え性の原因

「冷え性とは何か?」
「冷え性の原因は?」
「冷え性の症状」
「冷え性の種類」
「女性になぜ多いのか?」




冷え性の改善・対策

◎食事

○効果的な食べ物

「陽性の食べ物」
「ネギのみそ汁」
「各種ビタミンサプリ」
「香辛料」
「熱い烏龍茶」


○身体を冷やす食べ物

「陰性の食べ物」
「甘いもの」
「季節外れの野菜や食べ物」


○効果のある食べ方

「食べ合わせ」
「レシピ」



◎衣服&履物
 
「ショーツ
「5本指ソックス」
「腹巻き」
「レッグウォーマー」
「マフラー」
「サマーブーツ」



◎入浴

○入浴剤効果

「漢方薬湯」
「塩風呂」
「ドクダミ湯」



○入浴方法

「足の裏」
「足湯」


○入浴後の過ごし方

「野球ボール療法」
「塩ぬり療法」




◎運動

○ウォーキング

「冷え性によい理由」
「適したコース」
「歩き方」
「服装」
「グッズ」
「靴の選び方」
「3大タブー」
「ウォームアップとクールダウン」



○運動&体操

「背伸び運動」
「アキレス腱伸ばし」



○マッサージ

「焼き塩マッサージ」



◎ツボ

「足のつけ根」
「健康ハンマー」
「掃除機吸い玉療法」
「青竹踏み」
「使い捨てカイロ療法」



◎漢方薬

「体質別の漢方薬」
「海馬補腎丸(かいばほじんがん)」
「瓊玉膏(けいぎょくこう)」
「四物湯(しもつとう)」



◎アロマテラピー

「アロマテラピーとは?」
「ハーブとアロマの関係」
「アロマの取り扱い方法」
「アロマの保存方法」
「使ってはいけないアロマ」
「おすすめのアロマ」




◎その他

「扇風機」
「足裏日光浴」



>身体を冷やす食べ物:甘いものを解説


甘いものについて


こちらのページでは

「冷え性にNGな身体を冷やす食べ物」

について説明しています。


「甘いもの」



 
「疲れると異様に甘いものが欲しくなる」

 「雨の日は身体がだるい」

 「食事のあと身体がだるくなる」

 「舌の中央に白いコケがついている」

 「便の回数が多い」

 「軟便になりやすい」

 「思い悩みクヨクヨしがち」・・という人は、砂糖、果物、冷たい水などの摂り過ぎでしょう。



 

 砂糖の原料である「トウキビ」は、日本なら沖縄、外国ならキューバあたりが産地になります。特別暑い土地で育つので、「陰」の食べ物の中でも「極陰」なわけです。


果物の甘味でさえ食べ過ぎると身体にとって害になります。「極陰」で「極甘」の{精製砂糖(白砂糖)}を食べ過ぎると大病を招くのは当然なのです。


 

 肉やチーズなどの「陽性」食品を摂り過ぎると、身体はバランスをとろうとして「陰性」の砂糖、果物を欲しがります。ステーキ好きのアメリカ人が、甘いドーナツやデザートが大好きなのはこのためなのです。


 なお、砂糖、果物、生野菜を摂り過ぎた身体は、極まると冷えが「ほてり」に変わります。




ほてり
 

「ほてり」は冷えが一層進んだ症状です。



 冷たい水の中に手を突っ込んでいると、後でポカポカしてくるという経験はありませんか?それと同じで、砂糖、果物、生野菜などで身体が極限まで陰性化すると、ある時点で冷えは「ほてり」に変わるのです。



 つまり、冷え性には{スタンダードな冷え性}と、{「ほてり」や「冷えのぼせ」の冷え性}があるわけです。



 でも、ほてったりのぼせたり人は、自分が冷え性だとは思っていない人がほとんどです。「のぼせ」や「冷えのぼせ」も、冷え性のうちだということを頭に入れておいてください。





関連ページ

冷え性改善に効果的:陽性の食べ物を解説
体を温める食べ物:ネギのみそ汁を解説
冷え性改善に効果的:サプリを解説
冷え性改善の食べ物:香辛料を解説
冷え性改善に効果的:飲み物を解説
身体を冷やす:陰性の食べ物を解説
身体が冷える食べ物:季節はずれを解説
冷え性改善に効果的:食事を解説
冷え性改善に効果的:レシピを解説


冷え性改善対策研究所 | 冷え性改善に役立つ62の対策方法

冷え性改善対策研究所のトップページへ
 
リンク集

冷え性wiki



 Copyright©2006 冷え性改善対策研究所 All Rights Reserved.